汗かき(汗っかき)女性におすすめの服。ニットの素材はコットンを選ぼう

そろそろ冬物セールも終わりに近づきましたね。

暖かい季節はあと少し!

ですが、まだまだ手放せないニット。

汗かきさんへ送る、ニット情報をまとめました。


スポンサーリンク




涼しい顔してるけど、中は汗だくだからね! Designed by Freepik

おすすめのコットン。ウールとの違いはなに?

ちょっと動くと汗がでてくる私。

試着するだけで汗がでます。

もちろん、買い物に行く日はできるだけ袖付きの下着を着用しています。

当然ウールなんて暑くなっちゃって着てられないのです。

でもこの2つの違いってなんでしょう?

動物繊維(羊の毛)と植物繊維(多年草ワタの種子)と、根本的に成り立ちが違いますがどんな差がある?

Wikipediaでそれぞれの特性を見てみます。

ウールの特性

油分を含み、撥水性があって、濡れても保湿性がある。

多くの空気を含むため断熱性が高く、通気性がありながら防寒性と保湿性が高い。通気性が高い反面、防風性が低い。

しわになりにくい。

他の繊維よりは燃えにくい。

洗うと縮む。

摩耗に弱い。

コットンの特性

吸水性がよく、熱に強くて丈夫。

吸湿性が良いがしわになりやすい。

乾きが遅い。

通気性が良く涼しい。

それぞれの特性を生かした服作りをすると、

ウール = 秋冬

コットン = 春夏

という分け方をされることが多いです。

ただ、糸のより方や生地の織り方などで、質感や機能が変わります。

サマーニットといってウールが使われていたりするものもあるので、上記の分け方が全てではありません。

が!

汗っかきの私は、撥水性があるウールは着られない。

コットンの下着を着たらいいと思いますが、余計に暑くなります。

ということで、冬でも汗を吸収してくれてガンガン洗濯できるコットンがいい!

でも季節感を出したいから、カットソーよりセーターっぽいのがいい!

冬だけじゃなく、春にかけても活用できるコットンニットがあるブランド3選です!

汗っかき女性へ送る、コットンニットブランド3選

選んだニットは寒い時期向けに色味がダークなものばかりです。

ボトムをダークカラーにした場合は、明るい色でもいいかもしれません!

では最初の1枚。

ニューヨーカー/NEWYORKER

画像はエーゲ海コットンニット

コットン100%で扱いやすいです。

年齢を問わない定番のデザインです。

女子大生とかが着ていても爽やかな印象になりそうですし、アラフォーだって上品に着こなせそう。

使い勝手が良さそうなアイテムです。

これでVネックとかあれば即買いなんですが、肩幅が広い私は似合わなそうで二の足を踏んでいます。

※エーゲ海コットンとは
温暖な気候と上質な土壌・水が特長の、エーゲ海に面したイズミール地方で生産されたコットン。
繊維長が長いため肌触りがよく、やわらかく光沢があることが特徴です。

出典:アマゾン

マーガレットハウエル/MARGARET HOWELL

画像はキャストオフロールネック

フラットな印象のブランドです。

こちらも幅広い年齢にあう服が多いですよね。



いつどこのお店を見ても整然とした印象があります。

つくりが良くて、ちゃんと扱っていれば長く着られそうなプレーンなアイテムがおおいですね。

ラルフローレン/RALPH LAUREN

王道ラルフ。

先日姉が着ているのを見ていいなと思ったアイテムです。

やっぱりこのマークがあると、安心感(?)というか、ちゃんとしていると認められているような。

私だけでしょうか。

ちょっと厚みがあってしっかりした作り。

真夏は無理ですが、オールシーズン使える優秀アイテム。

クルーネックは細身の肩におすすめ。

このニット、サイズで悩みます。

ワンサイズ変えると、袖の長さがかなり違ってきます。

近くに店舗があるなら絶対試着です!

私は肩幅問題がありますので、断然こちら!

既に試着済みでもうちょっとしたら購入予定。

今の時期ならブラックがいいのですが、ネイビーなら春先まで活用できそう。

まとめ

アパレルの店舗を見ていると、セールの脇に「セール対象外」コーナーがありますよね。

冬のセールに行くと、だいたいそこに引き寄せられてしまいます。

だってコットンがいっぱいあるんですから!!

先日はセールだから買い物に行ったのに、ウール商品ばかりで諦めて帰ってきました。

これから春物がいっぱい出てくるので、それを楽しみに買い物を控えて待っていようと思います。

あーいつまでたっても着るものがないな…

スポンサーリンク
336×280
関連コンテンツ(PC)
合わせて読みたい関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280