大人も楽しいスーパードゥーパー・ジャンピンタイム。2018年7月8日の公演終了前に楽しもう!

2017年に2回、子連れでディズニーランドを楽しみました。

その時初めて知った「スーパードゥーパージャンピンタイム」

子供がいなかったら踏み入れなかっただろう、ディズニーのショーワールド。

キャラクターたちの可愛い姿や、子どもと遊んでくれるところなんか、シャッターチャンス満載でテンションあがりまくり。

親も子供もとっても楽しめます!

今回はそんなスーパードゥーパージャンピンタイムについてまとめます。

スポンサーリンク






子供たちの笑顔がはじけます!

スーパードゥーパージャンピンタイムとは?

プラザパビリオン・バンドスタンドという屋外ステージで行われているショーです。

場所はオレンジの丸の部分。

シンデレラ城から近いです。

ミッキーやミニー、チップとデール、ドナルドとモンキーが出演する30分程度のショー。

キャラクターが演じるパペットショーを見たり、子供たちは一緒に踊ったり出来ます。

対象年齢は小学生まで(たぶん)。内容的には3歳から小学校低学年くらいまでかなと思います。

(3歳以下でも着ぐるみOKの赤ちゃんなら楽しめると思います。)

1日3回公演が基本ですが、時間は季節や日によって若干変動がありますので、公式サイトで来園日の時間を確認してください。

ディズニーファンにはたまらない、キャラクターたちのかわいい仕草やダンスが満載の30分!

実際キャラクター目当てでごっついカメラを構えている人が何人もいました。

ショーの内容は言葉で説明するより、動画をご覧いただくのが手っ取り早いですね。

ディズニー公式Youtubeサイトより

動画で見られるとおり、ステージ付近にいられるのは子供だけ。

子供だけで入ることもできますが、3歳以下だと親同伴がマスト。

なので、ベンチがいっぱいになってしまう前に入場しないといけません。

ショー開始の何分前に行くといい?

ベンチ席を確保したいなら、1時間前から並んだ方がいいと言われています。

1時間以上前に行った方が良いです!

スーパードゥーパーの終了が近づくにつれて、参加希望者が増えているようです。

2018年5月の金曜日にランドに行きましたが、1時間前でホントにギリギリでベンチ席が確保できました。

皆さん何時に来ていたのでしょうか…

「ベンチ席じゃなくてもいいや」と思っても、参加人数に定員がありますから気を付けてくださいね。

ベンチ席が確保できれば、誰か一人を残していれば外に出てもOK。

大人1人でお留守番して、トイレや食事の買い出しも出来ますので、ある程度自由が利きます。

2018年5月に行った際はベンチ席が確保でき、夫が留守番していてくれました。

私と娘はダンボに乗ろうとそちらの方に二人でいったら、フック船長とスミーに遭遇。

スミーにサインをもらった後、ダンボに並びました。

が、娘がもうダンボ乗らなくていいと言いだし、列から離れたとき、ジミニークリケット発見!

沢山のキャラクターに会えて、サインをもらい、カントリーベアシアターで涼んでからプラザパビリオン・バンドスタンドに戻りました。

家族別々で行動することになりますが、早めに席を確保すれば、アトラクションを楽しんでから戻ることも可能。

ここは家族で協力して、子どもにめいっぱいディズニーを楽しんでもらうことに注力するといいですね!

ベンチが空いていた場合、保護者はステージ付近のベンチに座ってショーを鑑賞することになります。

これ、席によってはすごく見難いことになりますから、気を付けてください。

私たちは入口付近のベンチ席だったので、ショーの間の娘の様子はあまり確認できませんでした。

ばっちり写真が撮りたい場合は、無理にベンチに座らず立ち見をおススメします。

ベンチが満席になったときは、子ども1人で広場にいられれば柵の外から立ち見です。

ベンチ後ろからステージまではこんな感じ。

ちょっと遠目ですが、親がいる位置を子供に教えておけば大丈夫だと思います。

中にはスタッフが何人もいて、子どものサポートをしてくれるので安心して離れていられます。

雨が降ったら??

残念ながら雨天中止です。

パーク内にいる場合は公式サイトで当日確認するのがいいと思います。

「中止だと思ってたらやってた」とか、悔しいですからね!

並び方のポイント

明らかに家族全員で入れるとい場合は、入場の列に並んでいてOK。

「どうかなー?大人は入れないかなー?」という微妙な場合には、入れなかったときに備えてベンチ後ろの席の場所取りをしておいた方がよいです。

というのも、子連れじゃないファンの皆さんが早い時間から場所取りをしているからです。

私が行ったときは何も考えずに家族全員で並んでいました。

「ベンチ席は微妙だなぁ」と思っていましたが、子どもが入れればいいなとただ順番待ちしていました。

案の定子供しか入れなかったのですが、子どもをばっちり見たい、写真・動画を撮りたいと思っても時すでに遅し。

ベンチ後ろの立見席は大人で溢れていました…

ステージはまぁまぁ見えましたが、背の小さい子供が動き回るのを人ごみの後ろから撮影するのは至難の業。

反省点としてとらえ、今後は連携で乗り切ろうと思っています。

入場時に入る人全員揃っていないといけませんので、順番が回ってきて「大人も入れる」となったらすかさず移動するように家族で上手く連携しましょう!

スポンサーリンク




大人だけで楽しみたい場合は?

子ども同伴でない場合は最初から立ち見です。

ごっついカメラのファンの皆さんが場所取りをしていますから、いいポジションで見たい場合は早めに行った方がいいです。

写真はこんな感じで撮れます。

ベンチ席後ろから携帯(ipod)で撮影しても大丈夫な距離と思われます。

でも周りのカメラの連写音にはびっくりしますよ笑

ハロウィンやクリスマスなど、季節によって違う??

その時期のイベントに合わせて、小道具が追加されたりするようです。

お猿たちがやる福笑いにニット帽がかぶせてあったり、という程度。

ショーの内容が大きく変わるということはないそうですが、ちょっとした変化を見つけるのも楽しみですよね。

ただ!2018年7月に終了してしまうので、クリスマスやハロウィン仕様のショーを見ることはもうできません!涙

ただただ残念です。

早口言葉(歌詞)「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス / Supercalifragilisticexpialidocious」を覚えて楽しもう!

ショーで、チップとデールとお姉さんたちと早口言葉に挑戦するというコーナーアイシーエルがあります。

チップとデールらしいかわいい早口言葉で楽しみます。

「生麦 生米 生どんぐり」

「赤どんぐり 青どんぐり 黄どんぐり」

この2つと一緒にちょっと長い単語に挑戦するのですが、知らないと言えないと思います。

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」

かなり昔のメリー・ポピンズというディズニー映画がありました。

実写でジュリー・アンドリュースという「サウンドオブミュージック」の主演を務めた女優さんがメリー・ポピンズ役。

劇中で歌われている曲の歌詞にこの単語が出てくるのですが、メリーポピンズ見たことないと「何て言ってるの??」って感じですよね。

映画の中でも早口言葉のように歌われています。

たぶん英語圏の人でも言いにくい単語なんだと思います。

これをチップとデールがあのかわいい声で言うのです。

私だって言えるぞ!と鼻息荒くなりましたが、はっきりと思い出せずに撃沈。

次回に向けて娘とおふろの中で練習中です。

メリー・ポピンズが歌っている動画を記事下部に張っておきましたのでご参照ください!

定員オーバーで入れなかった場合はプラザパビリオン・レストランのテラス席で!

定員オーバーの場合はプラザパビリオン・バンドスタンドの向かいにあるレストラン「プラザパビリオン・レストラン」のテラス席をゲットしましょう。

テラスからならステージ上で行われるショーはギリギリ見えるみたいです。

そしてテラス席で座るなら、入って左側がいいそうです。

その理由は…

ショーに出るキャラクターたちの通り道になっているから!

さっと出入りするので2ショットやサインは難しいかもしれませんが、ハイタッチや写真はとれる可能性大。

どうしても見たい方は試してみてください。

スポンサーリンク




【悲報】2018年7月8日(日)で公演終了!

昨年知ったばかりなのに公演終了が決定してしまい悲しいです。

娘がとっても気に入って、家で何度も動画を見ていたのに終わってしまうなんて!!!

数年間にわたり同じ内容でやってきていた様なので、新しいショーにリニューアルするのでしょう。

まだ次のショーについては未定だそうですが。

ミニー・オー!ミニーも2018年3月19日で終わってしまうそうですし。

新しくなっても子供とキャラクターがふれあえるショーになればいいな!

それはそれで楽しみにしていようと思います。

とりあえず公演終了前にもう一度行かなければ!

終了前に行ってきました!

娘にも7月で終わってしまう事、今回で最後ということを伝えて楽しんでもらいました。

5月の時点でかなり行列が出来ていましたから、公演終了間際は大変な人気になりそうです。

これから暑くなりますから、子どもも大人も暑さ対策が必要です。

まとめ

公演終了する前に一度あの楽しさを味わっていただきたいです!

なので、スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスを言えるようにして、思う存分楽しんでほしいです。

↑まぁこの部分はすぐ終わっちゃいますが汗

ミッキーやミニーは平気でも、お猿さんに泣いてしまうという子供がいるそうです。

うちの子はなんでも来いですが、繊細なお子さんをお持ちならちょっと注意した方がいいかもしれません。

プラザパビリオン・バンドスタンドはスーパードゥーパーの公演時間帯、かなり日当たりがいいです。

これから公演終了日まで日焼け、熱中症対策は必須ですよ!

公演中はもちろん日傘が使えません。

親と離れてショーを楽しんでいる子供たちも、5月の時点で結構汗だくでしたから、水分補給、帽子などをお忘れなく!!

おまけ1 Supercalifragilisticexpialidociousについて

Supercalifragilisticexpialidocious

この単語は、英語の長大語のひとつとして広く知られています。

作曲者の一人であるロバート・シャーマンが「よくあるでたらめな言葉」と言ったそうで、劇中ではメリーポピンズが彼女の気持ちをうまく説明できないときに口をついて出たという単語です。(Wilipediaより)

この単語をもじって曲名にしたり、新聞の見出しをつけたりと、英語圏では言葉遊びのように使われることが多いようです。

メリー・ポピンズが歌っている動画がありました!

これを見ていると久しぶりにメリー・ポピンズが見たくなってきたなぁ。

後ろのアニメーションとか、とってもかわいい。

おまけ2:スーパードゥーパージャンピンタイムのグッズはCDやランド限定ぬいぐるみ、絵本など!

ディズニーランドのワールドバザールにあるトイショップでは、いろんなグッズが売っています。

そこにちゃんとスーパードゥーパージャンピンタイムのグッズもありますよ!

でもなかなか行けないので通販で、という方にご紹介できるのは下の3つです。

CD

東京ディズニーリゾート開園25周年を記念して、パレードやイベントで使用された曲が盛りだくさん入っています!

スーパードゥーパージャンピンタイムも収録されています。

ミニーやチップとデールの声も入っていて、臨場感あり!

視聴出来るサイトを探したらレコチョクで可能でした!

絵本

以前販売されていたスーパードゥーパージャンピンタイムの絵本。

もう中古でしか手に入れられなさそうです。

ディズニーランド限定ぬいぐるみ

何故か通販で買える摩訶不思議な状況ですが、通販ではドナルド、チップとデール、お猿さんしか見当たらなかったです。

ランドではミッキーやミニーも購入できるはず!

ぬいぐるみがぬいぐるみを持っているという…

カワイイ!!これは次回のお土産候補です!

意外とカワイイ♪

スポンサーリンク
336×280
関連コンテンツ(PC)
合わせて読みたい関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280