妊婦が花粉症で受診するなら何科?薬や点鼻薬は使える?くしゃみは腹痛の原因になるのか。

妊娠中、花粉症の薬をのまずに過ごしました。

辛かったなぁ。

今思えば、検診で通っていた産婦人科の先生に相談すればよかったのですが、根性だけで乗り越えました。

そろそろ花粉の時期なので、妊婦さんが出来るだけ快適に過ごすための情報をまとめてみました。

スポンサーリンク





お腹が大きいだけでも大変なのに、花粉症なんて…

妊娠中の花粉症。受診するのは耳鼻科?産婦人科?

私が妊娠中にした花粉症対策は、とりあえずマスク。

そして根性で我慢する。

というものでした。花粉症の症状の度合いにもよりますが、我慢はしたくないですよね。

なるべく快適に過ごすために病院を受診するのも一つの手です。

その時疑問に思うのが

「妊婦の花粉症は何科を受診するのか?」

ということ。

答え

「産婦人科、耳鼻科、どちらでもOK」

だそうです。

産婦人科の場合は、「妊娠してます」と伝えなくてももちろん大丈夫だと思います。

でも耳鼻科の場合はかならず「妊娠している」ということを伝えましょう。

そうすれば妊婦でも飲める薬を処方してくれます!

妊娠中の受診は「妊娠している」と伝えることを忘れないで!

飲み薬、点鼻薬、点眼薬(目薬)は使ってもいいの?

妊娠中でも飲み薬、点鼻薬や点眼薬を処方してもらえます。

産婦人科でも点鼻薬や点眼薬の処方箋を出してくれるそうなので、かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

薬はつかえますが、なるべく市販は避けるか、市販を使うとしても一度お医者さんに確認しましょう。

何かあったら後悔しますからね。

漢方薬ならなんでもいい?おすすめは苓甘姜味辛夏仁湯

漢方薬は、どんな人が使用しても大丈夫というイメージですが、実は妊婦へすすめられる漢方薬は案外少ないそうです。知りませんでした。

「体力のある人」向け、「体力のない人」向け、など場合によって処方する漢方が変わるようです。

妊産婦に勧められていない漢方の成分は、麻黄

麻黄は発汗、鎮咳、利水の効能あり。

気管支拡張効果があり、喘息の治療などで用いられるものです。

ドーピング検査では禁止薬物に指定されていますが、容量を守れば問題なし。

ですが基本的に、体が健康で体力のある人向けの漢方として利用されています。

漢方の代表格、「葛根湯(かっこんとう)」や、花粉症に有効とされている「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」には麻黄が入っています。

なので、妊産婦には避けて欲しい漢方とされています。

そんな中、おすすめされているのが

苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)」

これは小青竜湯(ショウセイリュウトウ)と同じような症状(くしゃみ、鼻づまり、咳などの症状)に使われている漢方。

ポイントは体力。

「小青竜湯」が向くのは、主に体力が中くらいの人で、診察で胃のあたりを軽くたたくとポチャポチャと音がする「胃部振水音」のある場合が典型的です。

出典:NHK今日の健康 漢方薬辞典

「苓甘姜味辛夏仁湯」が向くのは、体力が中等度またはやや虚弱で、胃腸が弱く、冷え症の人の、水っぽく薄い痰をともなう気管支炎、気管支ぜんそくなどに用いられます。

むくみや動悸、息切れにも使うことがあります。

出典:NHK今日の健康 漢方薬辞典

妊婦は元気でも体力は「中等度またはやや虚弱」と考えた方が良いようです。

また、妊娠期間を通しておすすめなのが当帰芍薬散。

血の巡りを良くする漢方だそうです。

足のむくみがひどかった妊婦時期に知っていたら試したのに!

残念です。

スポンサーリンク




くしゃみで腹痛。早産の原因になる?

結論からいいます。

くしゃみによる腹痛は子宮の周りの筋肉が刺激を受けたもの
くしゃみは早産の原因にはならない

くしゃみをしても、子宮が収縮するわけではないそうです。

ただ、あんまりくしゃみが出て心配だという人は、かかりつけの先生に相談するのがいいでしょう。

ネットの情報を見ても安心できないこともあります。

そのままにしている方がストレスになり悪影響になりえます。

お医者さんに「大丈夫」と言ってもらい、納得できれば精神衛生上とってもいいことです。

納得がいく説明を自分で見つけるというのはとても大切です。

薬ではなく、発酵飲料での予防もおすすめ。

私は妊娠していませんが、薬を使わない花粉症対策をしています。

それは

「ヤクルトのおいしいはっ酵果実」を飲むこと!

一日150円ですから安くはありませんが、体調がどうとか体力がどうとか関係なく飲めるもの。

昨年の花粉症時期は、症状がとっても軽くなって驚きました。

今年もこの方法で行きます!

花粉症の程度にもよると思いますが、かなりおすすめです。

スポンサーリンク




まとめ

妊娠中の体調管理はとってもデリケートですよね。

花粉症だってない方がいいですが、なってしまったらそれなりに対処しなければいけません。

薬を飲むにしても、漢方を飲むにしても、専門家に相談するのが一番です。

私はヤクルトレディーに相談しましたけど笑

できるだけ気分よく過ごせるように、対策頑張ってください!!

私のヤクルトでの対策に関する記事はこちらからどうぞ。

→ ヤクルトの乳酸菌飲料で花粉症対策 1か月続けた効果は?

→ 花粉症対策におすすめの乳酸菌飲料「ヤクルトのおいしいはっ酵果実」をお得な値段で買う方法とは。

スポンサーリンク
336×280
関連コンテンツ(PC)
合わせて読みたい関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280