パルキッズ

パルキッズ開発者 船津洋さんのバイリンガル育児講演会(セミナー)に行ってみた

 

先日、講演会(セミナー)に出席しました。

パルキッズに取り組んでいますが、代表をされている船津さんの話を直接聞いてみたいなぁと思ったので、夫を誘って行きました。

 

セミナー前に「お腹いっぱいで寝そう」と話していた夫でしたが、

眠気に襲われることなく2時間過ごせました。

むしろ「話が上手で面白かった」という感想でした。

 

子どもの英語教育、絶対に成功させたい!

と思ったセミナー内容まとめです。


超フランクな語り口調でとても楽しく聞けました! palkids.co.jp

 

英語が大得意になる!2018年バイリンガル育児講演会 船津洋

上の写真を見ていたので、すっごい人がくるのかなぁと思っていたら、意外と少人数でした。

でも40人くらいだったと思います。

それに対してスタッフが15人くらいいたのでビックリしちゃいました。

 

このセミナー動画もお客さんいっぱい。開催時期によって、参加人数も違うのかもしれませんね。

 

セミナールームに入ると、後ろの方にこれまでに船津先生が出版された書籍とパルキッズ教材(見本:キンダー・プリスクーラー)がおいてありました。

うちはすでにパルキッズに取り組んでいるので、スルーしてしまいましたが、どうしようかなぁと思っている方は実物が見られていいですね。

私もI can read!(副教材)の絵本(自作するもの)がどんなのか見られてよかったです。

 

人が少ないからといって、その辺の人を捕まえて教材の売り込みなどはしません。

そこが「後でなにかあるんじゃないか?」という警戒心を生む(笑)

 

 

ただ!まだ検討中という方には

セミナーとオリジナル教材販売

という組み合わせに、あまりいいイメージがないかもしれません(偏見)

ここは見ても見なくてもいいと思います。

 

とりあえず、船津先生の話を聞きましょう。

っていうか、船津先生ってどんな人なんでしょうか。

 

児童英語研究所代表:船津洋ってどんな人?

今回お話を聞いた船津先生とはどんな方でしょうか。

 

はい、こんな方です。


palkids.co.jp

 

私はこの写真で真面目な感じかなと思いましたが、実際もっとフランクです。

フランクというか、面白い方だなぁと思いました。

 

公式ページのプロフィールはこちら

株式会社児童英語研究所 代表。幼児英語教材「パルキッズ」七田チャイルドアカデミー英語プログラム「リトルバイリンガル」をはじめ多数の教材制作・開発を行う。これまでの教務指導件数は6万件を越える。

卒業生は東京大学をはじめ難関校に多数合格、中学1年生で英検1級に合格するなど高い成果を上げている。

近年は大人向け英語メソッドを確立し、14万部のベストセラーを記録した『たった80単語!読むだけで英語脳になる本』(三笠書房)など著書多数。

 

現在は上智大学(大学院だったかな?)に通われて、ラテン語の勉強もされているそうです。

バチカン公国でのみ使われている言語を選ぶところ、学習意欲がすごいです。

私ならもっと多く使われている言葉を選ぶところです。

 

あの上智大学でも英語ができない学生が多いとおっしゃっていました。

そして、上智大学でも今は学歴フィルターにかかると…

やっぱり英語が出来ていることや良い大学に入ることって、生きていく上で大いに重要なことなんだなぁと思いました。

 

最初から御話上手な船津先生。

眠気何てひとつも感じず、どんどん話は進みます。

 

英語を身に付ける目的とは?

私たちが子どもだったころと今の子どもたちを取り巻く環境は違います。

こちらの図をご覧ください。

船津先生が子どもの学習度合いの分布を表すのに書かれたもの。

 

昔(左側)は出来る子のすぐ下に普通の子がいました。

普通の子でも頑張れば「良」に入ることが出来たのです。

また、勉強が苦手でも運動が出来るなど、子どもが得意分野を見つけることが出来る可能性が高い時代でした。

 

でも今(右側)は、勉強が良く出来る子とそうでない子の差が開き過ぎて、普通の子が「良」に入るにはとっても努力が必要とのことでした。

 

学校以外に通塾していたりすると、そうでない子は追いつきようがありませんね。

 

なぜこのような状況が見られるようになったかというと、

たまに耳にする「子どもの貧困率増加」によるところが大きいようです。

経済的余裕のある家庭では、子どもにかけるお金や手間は惜しまない傾向があります。

逆に余裕がなければ家庭内の大人たちは仕事をすることで精いっぱい。

家族の生活を考えるのが先ですから、子どもの教育にお金をかける優先順位は低くなります。

 

いまや体育も家庭教師がいる時代です。

経済的余裕があれば、苦手を専門家に習うことが出来るのです。

 

これでは良と普通・苦手の溝は深くなるばかりです。

 

そして自分の子どもを心配してしまいます。

自分の子ですから、その脳みそも親の大きな期待と異なることでしょう。

ただ、小さいうちからの家庭学習で英語を身に付けることで、教育費も抑えられて「良」に入れる可能性を伸ばせると。

確かに、英語は小学校でも必修化される予定ですから、英語が出来ていれば、英語を勉強する時間を他の強化に充てることができます。

 

それならやっぱりぜひとも英語を身に着けさせなければ!

でもCDのかけ流しと、今のところあてずっぽうでやっているオンラインレッスンだけでいいのかしら。

と思いましたが、いいようです。

日本語だって大した声掛けはしていない!の衝撃

船津先生
船津先生
大した日本語を聞いていないのに子どもは日本語を理解し、話せるようになるんですよ!

 

と、船津先生が説明してくださったのが面白かったです。

子どもの凄さを認識しました。

 

思い返してみると育休時代、子どもと二人で過ごす時間が多かったです。

それはそれは大変でした。

過ぎてしまえばどうという事はないですが、当時は私なりに必死だったなぁと思います。

 

そんな子どもの乳児期。

語りかけって、どんなことしてましたか?

うちの語りかけと言えば、

「おはよう。良く寝た?」

「美味しいねぇ」

「眠いの。ネンネン。」

「いないいないばぁー」

「おしっこしたの?きれいにしようねー」

など、お世辞にも高度とは言えない言葉です。

 

絵本の読み聞かせなどもしていましたが、赤ちゃん向けの内容です。

 

それでも成長するにつれて、徐々に長い言葉を娘に話すようになっていったと思いますが、私が話していたのは間違いなく崩れた日本語でした。

 

それでも娘は日本語を理解し、話をしています。

どんな子供でも、この能力が備わっているんですって。

 

これってすごくないですか?!?!

 

今は変な言葉を使うと面白がるし、擬音語、擬態語なども使えるようになっています。

乳児・幼児のこの能力を活かさない手はない!ということで、毎日パルキッズのかけ流しを行ってください。と続きました。笑

 

一日の語りかけをギュッと集めると、90分程度になるそうです。

英語でそれを効率よくするには、英語音声をかけ流しておくのが効果的とのこと。

子どもの身近にある内容で、効率よく耳に入るようにしておけば、2年後には日本語と同じように単語や短い文章を英語で話すようになるとのことでした。

 

パルキッズなら、”ロイヤルファミリーのような会話”(船津先生談)のかけ流しになるので、正確な英語を話すようになれるはずです!

 

この話はとっても興味深かったです。

パルキッズの取り組みをキチンと行おうと気持ちを新たにしました。

 

子ども(未就学児)の言語アウトプットまで2年かかる?!

日本語の場合、子どもが言葉を発するまでだいたい2年程度かかります。

喃語(赤ちゃんがあーあーうーうーと話す言葉)の期間は除きます。

 

パルキッズのかけ流しも、日本語と同じようにだいたい2年程度かかることになります。

 

I can readなどの教材を使って暗唱の練習などしていたらまた違うかもしれません。

ただ、先生のお話を聞いたら「2年経っても効果がない」と思っても焦らない方がいいと思いました。

だって、日本語でも話し始めるのに2年です。

そう考えたら英語を2年話さなくても全然不思議ではないなーと妙に納得しました。

 

パルキッズを開始した年齢にもよりますが、年少くらいからなら3年くらいは我慢した方がいいのかなという印象があります。

親としてはすぐに効果が見られる方が嬉しいのですが、高度な英語を少額で身に着けられるなら我慢します!

うちの子は歌なら口ずさんだりしますが、会話を英語ですることはありません。

こちらが英語を話さないというのはあると思いますので、気にしないで取り組みます。

 

船津先生も「CDのかけ流しをしていれば、必ず出来るようになります!」と力強くおっしゃってました。

小学生のうちに英検準2級を目指しましょうとも。

 

まずは英語を身近なものと感じてもらえるように、毎日のかけ流しを忘れずに行うことに専念します。

取り組みの中で少しも効果が表れない場合は、その時考えることにします!

 

 

参加者特典あり! セミナーのまとめ

セミナーの次の日、参加の御礼メールが来ました。

セミナー終了後に記入したアンケートで書いた感想などが抜粋してあり、読んでみて他の参加者がどう感じたかがわかって面白かったです。

 

それと参加特典として、教材の割引と特別付録の案内がありました。

パルキッズを持ってる私としては、特別価格で購入できるなんて羨ましい!!

 

もし始めるか迷っている人がいたら、セミナーに参加してからでもいいと思います。

どんな人が経営する会社なのか、どういうアプローチで教材を作っているのか、がわかると安心です。

その上割引が受けられたら嬉しい!

面白い話だったので、違うテーマでのセミナーがあったら行ってみたいなと思っています。

ふじめぐ
ふじめぐ

違うテーマでのセミナーが2018年11月11日に名古屋で開催されます。
英語のスピーチチェーンを確立する方法【パルキッズメソッド】

行ってみたい!!

 

そして、今まで私がCDのかけ流しを意識していましたが、セミナー後は夫もCDをかけるようになりました。

恥ずかしながら、子どもの教育についてちゃんと話したことがなかったのですが、これをきっかけにいろいろ話したりしました。

教育方針のすりあわせなどをするにもお勧めです!

英語教材パルキッズにご興味をお持ちの方!
公式サイトで教材のサンプルCDが貰えるので、とりあえず資料請求してこちらを貰っておきましょう。オンラインレッスンも7日間試せます。

資料請求してサンプルを貰う

 

パルキッズの購入をお考えの方におすすめの記事。

http://goodlifewithkids.com/select-english-method-167

下記フォームから情報を問い合わせていただければ、自動返信で紹介による特典をご案内します。

特典情報を問い合わせてみる

ABOUT ME
ふじめぐ
ふじめぐ
当ブログ管理人ふじめぐです。 現在40代のワーママです。16年12月から実家で実母と夫、娘と4人暮らしをしています。 子育て、同居、仕事、その他いろいろ悩ましいことばかりですが、日々楽しく暮らすべく奮闘中! 好きなことは片付けとお得なこと。 知りたいことは子育てのこと、資産運用など。 気になることをいろいろ書いてみます。