ディズニーランドで車のバッテリーが上がった!対処法とかかった時間、値段などまとめ

先日東京ディズニーランドに車で行ってきました。

例のごとく、リロのルアウ&ファンやスーパードゥーパージャンピンタイムなど、一日中満喫した後、駐車場に戻ると…

パワースライドドアがパワーなく超重い!!

っていうか、

エンジンかからないじゃん!!!(ライトはつく)

ということで、パークから出た後のパーキングで、再びエンジンスタートという魔法をかけてもらいました。


スポンサーリンク






エンジンがかかったよ!!

ディズニーランド、ディズニーシーの駐車場で車のトラブル。JAFや保険を使わない対処できる?!

この日は開園時間前から並んで、閉園ちょっと前までいたので疲労困憊でした。

娘は最後のアトラクションに乗ったあと、ベビーカーですぐに寝てました。

日差しも強くて、親も疲れていたところのバッテリー上がり。

室内灯のスイッチがONだったようで…

気づきませんでした…

一気に心理的疲労が襲ってきましたが、ここはディズニーランド。

JAFとか保険のサービスを利用しないで、ディズニーの力でなんとかなるのではと思いました。

まだパークを出たばかり。

夢からさめやらぬタイミングでしたから、魔法が解けてしまう前、ダッシュで係りの人を探しに行きました。

たまたま25m先くらいに見かけた男性スタッフのもとへ、これまたダッシュで駆け寄って事情を説明していたときに、目に入ってきたユニフォームに書かれた文字。

DAIHATSU

あら、車関係の専門スタッフ?!

いい人捕まえたんじゃない?!

と思いつつ事情説明が終わったら

「準備して10分くらいで伺います」

といって、レスキューの準備をしに行ってくださいました。

ディズニーの駐車場にどうしてダイハツ?スポンサーなの??

2017年7月からダイハツがディズニーの公式スポンサーになったそうです。

主なスポンサー施設は下記3つ。

・ マーメイドラグーンシアター(ディズニーシー)

・ 東京ディズニーランド パーキング

・ 東京ディズニーシー パーキング

なんと、駐車場施設への協賛はディズニー開園以来、初めてだそうです!

ダイハツさん、いいところに目を付けましたね♪

私は声を掛けた人がたまたま担当スタッフさんでしたが、見かけたスタッフさんに声を掛ければすぐ手配してくれるようです。

ここで注意を一つ。

どこに駐車したかを確実に伝えましょう!!

駐車場には、ゲストが駐車場で自分の車を見つけやすいように、いろんな目印があります。

それを確認してからスタッフを呼びにいかないと、助けに来られません。

なので、自分の車をどこに駐車しているかを確認しておき、車種やトラブルの状況と一緒に伝えましょう。

これだけで待ち時間が違ってくると思います。

スポンサーリンク




車のトラブル、スタッフが来るまで何分待ち?利用料金(値段)は?

事情を説明して車に戻って待つこと5分程度

すぐに来てくれましたよ!!!

スタッフの方々が乗ってきた車にエレクトリカルパレード並みの後光がさしていました。(たぶん見えたのは私だけ)

来てくださったのは、2人。

1人はさっと作業にうつり、もう1人は作業承諾書(依頼書?)の説明をしてくれました。

作業していいかどうかの承諾なんて、聞くまでもありませんよ!!

すぐさまサインして、チャージにしてもらいました。

うちの車はちょっと古いハイブリットなので、どうやらどこにバッテリーが収納されているかひと目でわからなかったようです。

「勉強不足で済みません!」

って、爽やかに言われました。

こちらこそ恐縮です…

取扱説明書を見ながら、コードをつなげてちょっと置いてからエンジンスタート!

1.とりあえず家につくまではエンジンを切らないでください。

2.出来るだけ速やかにディーラーか整備工場に点検してもらってください。

3.何かあったらダイハツのお客様センターまで連絡してください。
(連絡先の用紙をいただく)

とご説明いただいて、終了しました。

このような迅速丁寧な対応のお蔭で、

バッテリー上がり発見からものの30分で帰路につけました!!

いやー助かった!!

こんなに助かったのに、利用料金は無料!!

5000円くらいかかるのかなーなんて思って財布を用意していましたが不要でした。

さすがディズニー!!

ディズニーリゾートでの車のトラブルは一日だいたい4-5件

作業で待っている間に興味があったので聞いてみました。

私:「バッテリー上がる人って、そんないないですよね(照)」

ダイハツさん:「いえ、いらっしゃいますよ。バッテリーの他にパンクとかも」

私:「そうなんですか!(良かったうちだけじゃない!)1日どのくらいですか?」

ダイハツさん:「そうですね、だいたい4-5件といったところだと思います」

年間1,500件弱といったところですかね。

なるほどー結構いらっしゃいますね。

まぁ1日の来場者数が半端ないですから、そりゃトチッちゃう人が0.数パーセントだとしてもそうなりますよね。

よかったうちの家族だけじゃなくて!!

と、安心しました。

まとめ

今回は東京ディズニーランドで起きた車のトラブルについて、素敵なサービスが受けられたことをまとめました。

ダイハツはランドだけでなくシーもスポンサーになっていますので、車のトラブルに関するサービスはどちらでも同じだと思います。

それにしてもディズニーってすごいですね。

いや、前回の落し物に続き、私のミスを気持ちよくサポートしてくださって、本当にファンになりました。

今年のうちに、また行きたいです!もちろん車でね!!

スポンサーリンク
336×280
関連コンテンツ(PC)
合わせて読みたい関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280