子ども服はアイロンをかけよう!シワを伸ばせば新しく高見えするよ

常々、子どもにはちゃんとしていて欲しいと思っています。

ただ言動についてはコントロールできなくなってきた3歳児。

親として手っ取り早くコントロールできるのは、髪型、着るもの、持ち物です。

髪型は毎日頑張っています。

持ち物も、ちゃんと名前をつけたり頑張っています。

着るものは??

スポンサーリンク





アイロンするものを溜めるとやっかいなんですよね。

アイロンは面倒?どうせシワになるなら意味なし?

小さいころからアイロンがかかった服を着せてもらっていました。

なのでそれが普通だと思っていました。

1人暮らしの間も、出来るだけアイロンしていました。

ベッドカバーのシワが気になって、洗濯の度にアイロンをかけていたのを思い出します。

「どうせシワになるから」

とアイロンをかけないという理論を初めて聞いた時は驚きました。

確かにそうかもしれません。

手間がかかるのに、洋服は着たらシワになるし、ハンカチだって使ったらシワシワ。

時間のないワーママになった今は、非常に気持ちがわかります。

ただ、

アイロンをするだけでちゃんと見えるし、安い洋服でも手入れすれば高見えする

と感じています。

アイロンがけ一つで、印象が全然違う!

なので、子どもの服はブラウスだけでなくTシャツもアイロンをするようにしています。

どれだけ違うか。画像でご覧いただきます。

と、その前に、アイロンをかけるメリットデメリットを考えてみました。

アイロン掛けのメリット・デメリット

アイロン掛け推奨派なのですが、メリットもデメリットを比較してみたいと思います。

メリット

・シワのない服が着られる

・いつも新しく・ちゃんとしている服を着ている印象になる

・名前の薄れ、糸のほつれや穴に気づける

デメリット

・アイロンの時間がかかる

・子供がいる家庭にはアイロンが危険

・色、生地によってはテカる

今のところ、このぐらいのメリット・デメリットしか思いつかず。

どちらも決め手になるような理由がない状況ですね。

ムムム。

では、アイロンをするしないではどれだけ違うか、いよいよ画像でご覧いただきます。

スポンサーリンク




Tシャツのアイロンがけ、Before/After

すぐに大きくなってしまう子供。

大人が着ているより、服のサイクルは断然短いですね。

なので当然価格おさえめで服探しをします。

こちらはZARAの長袖Tシャツ。

洗濯しただけだと、シワがあります。

まぁこのままでも許容できる程度ですが、アイロンをすれば「きちんと感」があがります。

ほらほら!!

…え?わからない??

私の自己満足かもしれない…

こうなったら近くで並べてみます。

ほら、並べたらわかりやすいですよ!

新品同様にはなりませんが、少しは新しく見えるようになりました。

写真の長袖シャツは、ストレッチがきいた生地なのでアイロン効果は薄めです。

ブラウスや普通のTシャツだと全然違いますから、試してみてください。

まとめ

そういえば大学時代、知人に「いつも新しいシャツ着てるよね」っていわれたことがあります。

これは絶対アイロンのお蔭。

Tシャツにアイロンをかけられちゃうのが嫌でしたが、この一言を聞いてから気にならなくなりました。

かけるのが正解、かけないとダメ、というものでもないです。

生活するなかで優先順位の付け方次第だと思います。

リーズナブルな服でもキチンと感を出したい方、ぜひお試しあれ。

私は自分の服もみすぼらしくないようにTシャツでも必要ならアイロンをかけています!

子供の服は小さいですから、1週間分溜まっても30分あればかなりの枚数かけられます。

夫のワイシャツ1週間分は地獄ですけどね…

そんなときはアイロン便利グッズで手間を軽減!

おまけ:おすすめアイロン掛けグッズ

立ってアイロン掛けが出来るから熱くない

スタンド式アイロン台が便利。

↑汗かきの私には最高のアイテムです。

プリント部分やテカリ防止には、専用のあて布を。

ハンガーに掛けたままアイロンが出来るスチーム式。

これは便利そう…

スポンサーリンク
336×280
関連コンテンツ(PC)
合わせて読みたい関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280