アラフォーのヘアスタイル。髪型と費用、美容室に通う頻度について考える

店頭には春物が並ぶ季節。
春に向けて、洋服だけでなく髪型も変えたいところです。

でもどんな感じにしようか悩み中。
ということで、リサーチしてみました。

40代のきっちりおさげはなしかしら…

スポンサーリンク



40代前後の髪型。おススメの長さはロング?ショート?ミディアム?

私くせ毛です。今の時期はだいたいとってもさらさらなのですが、少しでも湿度が高くなったらくせ毛が顔を出します。
いや、顔を出すというレベルではない位に存在感があります。
そろそろ収まりが悪くなった髪をどうにかしたい。
では世間的に素敵度合いが高い髪型ってどんなかなと思いチェックです。

「40代 髪型」で検索すると出てきました、素敵な女優さんたちが。

検索結果はこちら。(※ 敬称略)

吉田羊
吉瀬美智子
石田ゆり子
永作博美
壇れい
米倉涼子
松雪泰子

など。
※ 女優の方々の画像は著作権などいろいろ良くわからないので無でお願いします。すみません。

いやー皆さんお綺麗。
すこしくらいの髪の乱れなんて気にならないくらい顔に注目しちゃうもの。
これは参考にならないくらいの差。

現実を見せつけられた検索結果です。

他のヘアモデルを見ても、プロたちがよってたかってセットして完璧な状態で撮影されていますから、それを日常に持ち込むというのはほぼ無理な相談。

↑を書いてて思いました。やっぱり私は天邪鬼。

いや、その無理な相談から少しでもヒントが欲しいと考えました。
そう、美人女優たちの傾向です。

吉田羊   → ボブ
吉瀬美智子 → ショート
石田ゆり子 → ボブ
永作博美  → ボブ(パーマ)
壇れい   → ボブ
米倉涼子  → ボブ(前下がり)
松雪泰子  → ボブ

皆さんロングヘアはいらっしゃらない。
そうですね、髪にも年齢は出ますから。

40代前後から、髪型はショートもしくはボブ!

トリートメントやドライヤーの手間とか考えたら好都合です!
ただし、女優の皆様に良く見かける真ん中分けは、左右対称度が高い美人のなせる業ですから気を付けましょう。

スポンサーリンク



【画像あり】ショートとボブ。目指すスタイルを決める。

方向性は決まりましたが、ショートとボブにもいろいろあります。

ですので、自分の好みの画像を検索!

まずは「40代 ショート」の結果。


出典:BEAUTYnavi

・・・モデルが若い!!記事タイトルに「40代」と入っていてもこれですか!こらーーーーっ!!!

いや、かわいいけども。ポーズがね。
モデルさんにも合ってるので、美容師さんも上手だと思います。30代前半までならOKか?

が、しかし!私が言いたいのは40代という検索結果にこのような画像は参考にならないのだと。検索サービスへの不満です!
40代でこんな表情したら痛い人決定です。

仕切り直して、検索。


ホットペッパー ビューティー

出典:Marisol ONLINE

こんな感じでしょうか!
ふんわりを維持するのは難しいけど…そして前髪が長めなのは仕事しにくいけど…いや、あくまでイメージですから!
Marisolは詳細情報ページで自分にあっているか確認しやすいと思います。

スポンサーリンク



もうちょっと大人な感じが欲しいので、海外サイトを検索。

hairstyles for over 40s

出典:hairstylesweekly.com

髪質、カラーの問題はありますが、目指すイメージを明確にするのに参考になりそうです。

髪色がダークな方々もいるので良いかも。

私が気になったのは左上のDannie Minogueさん。ブローの必要もあまりなさそうで手入れが楽だと思います!仕事中も前髪気にしなくて良さそうです。

その横のケイト・ブランシェットも軽やかでいい感じ。
ハル・ベリーもカッコいいけど、ここまで短くするのはかけですね。

中段左から2番目のシャーリーズ・セロンのパーマヘアも素敵。次回は短くしようと思っていましたが、パーマをかけたくなってきました。

やっぱり日本人の見本が欲しいというかたは、カタログありました。

っていうか、あるんですね、カタログ。

長さを限定しないパターン。

ボブ&ショート! かなりピンポイントで良いかも。

なりたいスタイルを決めたら、いざ出陣です。
あ、美容師さんと相談というのも楽しくていいですよね。

スポンサーリンク



美容室への費用と通う頻度

さて、ヘアスタイルの方向性、もしくはイメージは決まりました。

今度は初期費用とランニングコスト(?)の計算です。

いくらまで払えるか?

これはもう各ご家庭の懐具合でしかありません。
私は本命美容師がいるので、お小遣いの中で予算組みをします。

気軽に行ける距離でと探した時期もありましたが、「この人!」という美容師さんが見つからず、結局1時間ちょっとかけて若者の街渋谷まで通っているのです。そう、頻繁に都内に繰り出していた大学時代に出会った美容師さんに今でもお世話になっているという入れ込みよう。

かれこれ20年ほどの付き合い。自分でも驚きます。

そして20年の間に、カット料金も右肩上がり。
でも価格は上がっても、楽しい会話と「切りたい」「パーマかけたい」だけでやってくれるという丸投げオーダーは手放せません。

そんな彼は

カット 8,000円

1時間ちょっとで8,000円。ホストに貢ぐ気分です。さすがカリスマ(古)

ですが費用対効果を考えれば1回8,000円も高くはないかと思うのです。

美容室で得られるのは

・彼との会話での癒し
・素敵にしてもらる満足感
・都会に出かけたぞという充実感

など。占いでも5000円なら安い方ですから、癒やされ、満たされ、洗練されるなら8,000円払えます。担当の彼がアラフィフでも。

どのくらいの頻度で通うか?

ショートからボブならば、1カ月に1度がいいのでしょう。少なくとも2か月に一度行かなければスタイルは維持できません。カラーリングしていたらなおさらですよね。

私の場合3か月に一度なんてザラです。カラーリングしていないのもありますが。
現在も前回行ってから3か月を過ぎてしまいました。
そして予約を取ったのが来週金曜ですので、3.5か月ぶりです!

2パターンで年間いくらかかるのか比較してみます。

2か月に1度 5,000円/回 = 30,000円/年

3か月に1度 8,000円/回 = 32,000円/年

あら、あんまり変わらない!
3か月過ぎたところで、スタイルがへんてこりんなんてこともなく、それなりに収まっています。傍からみたら3か月経過している感はあるかもしれませんが、ちょっとまとまらなくなったなー程度で本人は我慢できています。

これなら8000円出してもそれほど高くないと考えますが、いかがでしょうか?

あなたにピッタリのスタイリストが見つかる!★Hot Pepper Beauty

まとめ

すっきりと刈り上げてみた。

傾向とか書いてみましたが、髪型については年齢関係なく個人の好きな髪型を選ぶのがベスト!
だってトレンドを追ったところで似合わなかったら仕方ないですから。

旬なヘアスタイルの自分か、好きなヘアスタイルの自分か。
どちらの優先順位が上で満足できるかは自分にしかわかりませんから!!

そしてなりたいヘアスタイルを実現してくれる、もしくは、なりたいヘアスタイルは却下されるけど、違うふうに素敵にしてくれる、そういう美容師さんに出会えたら最強ですね!

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280