2歳児のおもちゃ① おもちゃ選びの基準と日本地図パズル

娘は現在2歳4か月。

早期教育やらなんやら、気になりすぎて何していいかわかりません。

夫婦ともどもサラリーマンなので、土日の習い事はプールひとつで精いっぱい。

じゃあどうする??

外遊びが一番だよね。

スポンサーリンク



2歳児向けのオモチャは?

たぶんどこの家庭でもおもちゃは買うと思います。

ネット検索すると積み木や音楽系のものがオススメされています。

かなり自分の意志で動けるようになっているので、体を動かせるオモチャがいいのかな、という印象の検索結果でした。

でも音が出るとか体を動かすってマンションやアパートなどの集合住宅だと避けたいですよね…。

おもちゃを選ぶ基準を考える

膨大な検索結果と口コミ。

もはや自分で目星をつけて検索しない限り選ぶという行為すら難しい情報量がそこにはあります。

…選べない。

とならないように、自宅の環境に合うものと子供にどういう効果があると嬉しいか考えてみました。

うちの場合は共働きなので日中は保育園のおもちゃで遊んでいます。

積み木、ブロック、お人形。いろいろあります。充実してます。

しかも子供たちに合った大きさのもの。毎日なので遊ぶのも慣れていきます。

園には年上のお兄さんお姉さんがいますから、いつでも遊びのお手本が見られる状態。

結構高度な遊びも真似しているはず。

対象年齢はメーカーの子供の行動に関する研究と意図から付けられているので、あくまで目安と考えると、日々お姉さんたちをみて勉強してるならちょっと対象年齢の高いオモチャでも良さそうじゃないか?

そして集合住宅だったので(当時)音が出ないもの、激しい動きにならないものがいい。

ということで、選ぶ基準を箇条書きにしてみました。

・保育園にはないもの

・対象年齢がちょっと上

・あわよくば勉強にも使えそうなもの

・近所迷惑にならないもの

と大人の都合による判断基準が完成!!

果たして子供は気に入るのか。こればかりは買ってみないとわかりません。

スポンサーリンク



基準を決めたらいざ、おもちゃ選び開始!

オモチャ屋さんでたまたま見かけた平面的なパズル。

2歳児あたりで形を認識する訓練ができると良さそうだなと思いました。

が、流行りのキャラクターや、娘の好きなアンパンマンだとそうそうに飽きそう。

しかも形の認識を訓練するなら平面より立体的な方があっていそう。

ということで、その時は買わずネットで調べて、立体的な日本地図パズルにしてみました。

選んだのは対象年齢5歳くもんの日本地図パズル

地域ごとの色付きピースと全都道府県一色のピースがあるので、色付きで慣れたら一色でも遊べるようになっています。

ピースに県名が書いてあるので日本のどこに何県があるのか覚えるのにいいですよね。

名前を隠すためのシールなど付属しているので、長く活用できそうです。

2歳児にはつまむ作業も脳への良い刺激になるそうです!

もし興味を示さなければ、しばらくとって置けばいいや。という気持ちで購入。

子どもの反応は?

実はくもんの日本地図パズルを上げたのは、娘の2歳の誕生日でした。

でも当時から結構気に入って、「チーバ君」やら「お父さんの埼玉」、「おばあちゃんの北海道」などなど、親が言った枕詞も県名と一緒に言いながら繰り返し遊んでいました。

やったね!!

北海道はたまにお皿、他の県がおかずになり、運ばれてきたりしますが、最初ははめられなかったところも出来るようになっていってます。

4か月経過した今は北海道・東北地方・信越地方・四国・九州あたりが完璧です。

色の勉強にもなったみたいです。

勝手に出してきて、「パズルする」と言って自分でやっています。

関東は小さめピースが多いのでまだ難しいようですが、そのうちクリアするでしょう。

それにしても、中部地方、全然あやふや。大人でも勉強になりますね。とほほ。

スポンサーリンク



まとめ

大人の願望で選ぶのもどうかと思いますが、勉強だと思わないうちに取り組ませて、暗記できちゃうのはいいですよね。

でも遊ぶタイミングまでこちらで決めたり、強要したりするのはダメです。

大人が楽しそうにやっているところを見せる。
一緒にやろうと声掛けする。
出来なくても手を貸さない。
出来たら喜ぶ。

など、子供が嫌いにならないように大人も手出し口出しを我慢する事が必要だと何かの本に書いてありました!

それと、2歳になればかなり分別もついて、口にものを入れたりという事が少なくなりましたが、誤飲については親の注意は必要です!

沖縄県、大阪府などは要注意です。

さて、次おもちゃを買うとしたら何にしようかなー。

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280