昔のアルバムをデジタル化!フォトブックにしてすっきり整理。

同居を開始した際、クローゼットの下に鎮座していた昔のアルバムたち。

結構な幅のきかせ方です。

大事な思い出ですが、このままの状態で保管するのは無理。

ということで、データ化をしました。

※2017年11月データを利用してアルバム作りました!
詳しくは追記をご覧ください。

スポンサーリンク




若かりしあのころがよみがえったよ。飼っていた犬。なつかしい(涙)

劣化しやすい古いアルバム。捨てちゃう??収納したまま??

皆さんは昔のアルバムってどうしていますか?

「実家にあるー」

という声が、かなり多く聞こえてきます。(空耳?)

実家って物置だったり使っていない子供部屋など、置くところが確保できちゃうから便利ですよねー。

ついつい置いちゃう。

私も実家に放置していましたから。

そもそも同居で実家に引っ越してくるまで、このアルバムたちが自分の物という認識をしていませんでした。

両親がせっかく撮ってくれたイベントや思い出。

特に亡き父が書いてくれたコメントや色々考えてレイアウトしたんだろうなぁとしみじみ思ってしまうアルバム。

めっちゃ邪魔だけど…捨てられるわけない!!

でも昔のアルバムは糊付けするタイプが主流。

アルバム自体の劣化と写真の色褪せなど、保管するにもそれなりの管理をしないとボロボロに。

ポケットアルバムに入れ替えるという方法も考えましたが、長年糊付けされている写真をはがすのは無理だと判断しました。

実際はがせなかったし。

ということで、大枚はたいてデータ化しましたよ!

スポンサーリンク




アルバムの数と状態のチェック、そしてデジタル化後の活用を考える。

今回データ化の対象としたアルバムは、姉と私の幼少期のものと、ある程度大きくなってからの旅行やその他イベント時の写真。

昔のアルバムってすごーく大きくて扱い難いですよね。

表紙とかかなり凝ったつくりになっているし、とっても重い。

糊がカサカサになってしまっているページや、変色していたりしみになっているところも。

経年劣化が激しすぎます。

「ある程度大きくなってからのもの」についてはポケットアルバムを使っていたのでそれほど傷みはなかったです。

ただ、大量ですよ。

写真館で撮ったものからスナップ写真まで、総数44冊。

スキャンを1冊1000円で出来たとしても、試算44,000円。

高額になることは間違いなさそうなので、データにした後はどうするか。

データ化するアルバムを厳選した方がいいのか。

ちょっと考えました。

なぜデータ化するのかを考えると、ただ一つ。

両親がしてくれた思い出を残して置きたいから。

だとしたらデータにしたところで、「PC開いてデータで鑑賞」は私の場合なかなかハードル高めです。

じゃあ違う形のアルバムにしておこう。

ぱっと取り出せるのが簡単だし、娘と一緒に見ることもできる。

ということで、データ化サービスの検索です。

スキャンサービス比較。節目写真館とカメラのキタムラがよさそう。

それぞれのアルバムでページ数も違うし、写真が何枚あるか数えてからとかは無理。

でも、一枚ずつのデータも欲しいし、ちょっと色補正とかしてほしい。

そんなワガママをかなえてくれるサービスってあるのかと思いつつ探しました。

安く上げたいけど、それなりに見られる形になってないと。

結構な金額はたかないと無理かなーと思っていたら、2こ見つけました。

さっそく比較検討です。

節目写真館の「スキャン放題」は安くて○!

「アルバム、データ化」というキーワードで出てきたサービス。

「スキャン放題」というサービスがあった節目写真館さん。

※ 2017年8月8日現在、「スキャン放題」のサービスは終了しています。残念…

専用ダンボール3箱にアルバムを詰め込んで送ると、6か月(くらい)でデータ化して戻ってくる。というもの。

サービス内容はこちら。

・ページごとにスキャン

・写真ごとにスキャン

・フォルダ分け

・色補正(オプション)

・アルバム処分(オプション)

ページスキャンも色補正もあり!

しかも3箱に入れられるだけ入れて送ればOK

写真の枚数とかは無制限だから、かなりお得な気がします。

そしてデータ化後に不要となるアルバムの処分までお願いできるのは素晴らしいですね。

オプションでお金かかるけどさ。

でもかゆいところに手が届く!

私が探していたときは基本料金39,800円のコースがあったので、こちらを検討。

今展開している「ゆっくりプラン」が似ているサービスです。

スポンサーリンク




カメラのキタムラ「アルバム作成サービス」も魅力的。

こちらはカメラのキタムラ。

アルバムをスキャンした上で、フォトブックまで作ってくれるという至れり尽くせりのサービス!

納期はおおよそ2週間。

カメラのキタムラ フォトブック アルバムそのままDVD/フォトブック

トップページで「フォトブック」をクリック。

メニューから「アルバムそのままDVD/フォトブック」で詳細ページへ。

サービス内容はこちら。

・フォトブック(143mm×143mm)

・DVDプレーヤーで見られるDVD

・画像を保存したDVD

この3点で6000円(税抜)

保存される画像というのは、ページごとと、写真ごと。

写真ごとの画像があるし、フォトブックまで作ってくれるなんて。

手間が省けるわー。

色補正とかはないみたいです。

フォトブックありだとやっぱり少々お高いですね。

テレビで見られるDVDはなくていいので、安くしてほしいなぁ。

デジタル化は色補正とアルバム処分のある節目写真館に決定!

自分でできることはやる。

ということで、フォトアルバム作成は自分でやって、データ化の費用を抑えることに。

3箱に詰め込んで送るという節目写真館にしました。

アルバム作成に時間がとれるかどうかは疑問ですが、そこは私のやる気次第。

好きな写真は大きくレイアウトとかもやりたいので、フォトアルバムなしのものにしました。

「アルバムのレイアウトはそのままでいい。フォトアルバムの作成までやってほしい」

という方には、カメラのキタムラのアルバムそのままDVD/フォトブックが絶対おすすめ。

簡単ですからね!

スポンサーリンク




まとめ

アルバムの要不要を選別して、ダンボールに梱包して送り出してから6か月。

先にデータが保存されたUSBメモリが送られてきました。

かわいかった自分(子供ですから)や、若かりし頃の両親の姿をみられて楽しかったです。

スイカをほおばる私。父の手書きのコメントもほっこりします。

USBへの保存もアルバムごとにフォルダ分けされていたので、フォトブックを作る際、画像探しに手間取らずに済みそうです。

処分をお願いしていたアルバムも、一度返却されました。

一つずつ大きなジップロックに入れられて、ラベリングされていました。

丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

必要な写真の原本はとりだして保管してくださいとのこと。

改めて節目写真館に送ると処分されます。

今回データ化から処分まで総額6万円程かかりました。

兄妹で折半したので、3万ちょっと。

お小遣い制の私にとってなかなかの金額です。

ですが、データ化できたことで写真を見返し、両親がどれだけいろんなことをしてくれていたか再認識しました!

そしてダンボール3箱分のスペースをあけられて、クローゼットもすっきり。

全アルバム分のフォトブックを作ったとしてもダンボール0.5箱分で収まるでしょう。

これからフォトアルバム作りに励みます!

皆さんも昔の思い出、リフレッシュしてみては?!

追記

データ化したものでアルバム作成してみました。

Photobackというアルバム作成サイトを利用。

ページごとのスキャンデータは色補正など行われていませんでしたが、手書きのメモなども読みたかったのでページごとの画像を使用。

いろんな施設に行ったときのチケットなども、ちゃんとアルバムに入れてくれていたので、昔のアルバムをそのまま薄い本にした感じとなりました。

上の画像の黄色いチケット。

航空券ですよ!!

時代を感じますが、趣があってなかなか良いです。

大体1センチちょっとの厚みで分厚いアルバム2冊分!!

保管場所はすっきりで、簡単に見返せてとてもいいです。

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280