預金より利率よし。デパート積立の上手な選び方を考える。

こんにちは。ふじめぐです。

マイナス金利になって早数か月。
このまま銀行に預けていてもちっとも増えないので、何かいい手はないかと考えています。
お小遣いも増やしたいなー。でも安全なやつがいいなー。

と、転職先近くに百貨店が2件。これは!と思い、調べてみました。

欲しいものいっぱいだわー

そもそもデパート積立(百貨店積立)ってなに?

毎月定額を積み立てていくと、積立額+ボーナスを商品券でくれるもの。

積立なので、月々1万円の積立コースを選んだら、12か月後に12万円+ボーナスがもらえます!

もらえる商品券は積み立てたデパートでしか使えません。
そう、あちらの囲い込み作戦なのです。仕方ないですよね。

支給の形は商品券の綴りか会員カードにチャージされるかどちらかです。
その百貨店によって違います。

商品券の場合はお釣りが出る、出ないがあるようです。

利率は?

銀行より利率がいいといっても、どんだけいいのよ?と思いますよね。

普通預金利息は銀行によって違います。
だいたい0.001~0.02%とかなり幅があるので、一括りにできませんね。

念のため、100万円預けていたとして1年間の受取利息を試算です。

0.001% → 10円
0.02%  → 200円

100万円で10円って、改めてですが低すぎる。
1度でも手数料取られたらマイナス!やってられない…

ではデパート積立の1万円コース(ボーナス1万円)ならどうでしょうか?

単純計算で

ボーナス1万円 ÷ 積立金12万円 = 8.3%

普通預金と比べたらなかなかの好利率!

積立預金として計算した場合はおおよそ15.38%

えっ?!計算間違ってない??と思いますが、正解です。(のはず)

もう利用しない手はない

どこの百貨店にするか?

百貨店によって、積立期間やボーナス金額、それ以外にうけられるサービスが違います。
そもそも積立サービスが終了した百貨店もあるので、どこでも好きなところを選べるわけではありません。

ではどうやって選べばいいか。

答えは簡単。「良く行く。」または 「好みのものが買える。」というのがポイント。

私としては利用しやすさが一番!

積み立てたところで全く行かなければ意味がありません。行くの面倒だなーなんて本末転倒。お得な気分を味わうはずが、重い腰が上がらず苦痛になっています。

用意されている積立金額も各デパートで違います。

積み立てに無理のない金額が選べるかもポイント。
お小遣い制の私は、5000円コースと1万円コースで現在も悩み中です。

積立方法は?

現金、もしくは口座振替です。さすがにクレジットカードとかは無理なんですねー。クレカ払いが出来ればカードのポイントやマイルがもらえていいのになー。

以前大丸で積立していた場合は毎月行くのが面倒だったので、12か月分を一括で前払い納入しました。(現金) 独身だったからこその業です。

まとめ

利率を比較したら確実に預金よりはよいですが、現金が商品券というものに変わった途端、何故か気が大きくなるのも事実。

「商品券あるから買っちゃえ」

とか。

「商品券だからいいか」

とか。

これだとせっかく高利率でも、無駄に使う可能性があるってことですよね。こういう後押し、たまには必要ですが、毎回では散財するだけ。

計画的に利用していくということを考えて積立をするとパーフェクトかも。

比較検討したい場合は、丁寧に解説してくださっているサイトがあるのでそちらをご参照ください!

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280