世界水泳2017ブダペストで見納め!イケメンスイマー、カミーユ・ラクールが引退。その理由は?

フランスのイケメンスイマー、カミーユ・ラクール Camille LACOURTが来月の世界水泳ブダペストを最後に引退宣言。

引退はフランス国内での世界選手権の選考会をかねた大会(だと思われます)の前に発表されていました。

水泳界からイケメンの一人が去ってしまう。

寂しいですが、モデルなどの活動で見る機会が増えることを期待して、いろいろまとめてみました。
スポンサーリンク




そんな目で見ないでー!!照 camille-lacourt.fr

カミーユ・ラクール / Camille LACOURT プロフィール


FINA.org

生年月日:1985年4月22日(32歳)

身長/体重:200cm/85kg

ニックネーム:キリン(Giraffe)

泳法:背泳ぎ

日本人選手の使用はほぼないと思われる鼻栓使用者。
外国人スイマーにはチラホラいるそうです。


camille-lacourt.fr

シャネルや大手ブランドで広告モデルを務めていたりします。

結婚相手は2008年のミスフランス!子どもは女の子

FINAの選手紹介ページでは結婚しているのかが「unknown」となっていましたが、英語版Wikipediaでは2008年8月に結婚しているとありました。

パートナーはヴァレリー・ベグ(Valérie Bègue)さん。

彼女は2008年のミスフランスに選ばれた経歴の持ち主。

ほら!お美しい!

ミスフランスに選ばれた後、セクシー写真が流出してゴタゴタしたようです。

2人には2012年生まれたにJAZZというお名前の子ども(娘)が一人います。

人気者の2人なので、ゴシップ誌などでは離婚話も出ることも。

動画発見。フランス語わかりません…

真偽の程も不明です。

2人で並んだところですが、200cmのカミーユ選手の方まで身長があるって、奥様もかなり高身長ですよね。

って気になったので調べたところ174cmでした。

こんなお二人のお子さんであるJAZZちゃん、どこまで身長が伸びるかドキドキしますね!!

競技歴

2010年にヨーロッパ選手権で50mおよび100mの背泳ぎで優勝。

その後数々の世界大会で上位入賞をしていますが、オリンピックには縁がなく、メダリストにはなれていません。

2008年は背中の負傷で北京大会に出られず。

2012年のロンドンでは100m背泳ぎで4位。

2014年中ごろにお尻に腫瘍が出来たため、長くレースから離れることに。

2016年のヨーロッパ選手権で復活!2種目で優勝しています。

リオ大会では振るわずに終わってしまいました。

スポンサーリンク




引退理由

オリンピックも出られていたんだからまだ現役で続けられるんじゃないの?と思いますが、辞めるには理由がありました。

“I was planning to retire before Rio already. It happened differently and I didn’t want to retire with a bitter aftertaste, this is why I will enter the 50m backstroke at the World Championships in July.”

“I clinched my first European medal here in Budapest so the World Champs are quite promising hopefully. Just like after the London Olympics I missed out on a few months last year, too, however, this time the primary reason was to prepare my life post-swimming. I moved to Paris to spend more time with my daughter. Also, I opened a bar where I can continue my civil life after my sporting career.”

FINA.org

一応ふじめぐによる英訳
リオの前に辞めようと思っていたけど、後味が悪いまま辞めたくなかった。
だから7月の世界水泳の50m背泳ぎにエントリーしたんだ。
初めてヨーロッパ選手権でメダルをとったのがブダペストだから、期待しているよ。

昨年の数か月、ロンドンオリンピックの時のように逃してしまったんだ(?)

でもその一番の理由は水泳を終えた後の人生のための準備をしていたから。

娘ともっと一緒に過ごすためにパリに引っ越しをしたし、選手生活を終えた後、社会生活をするためにバーを開いたよ。

体力的なこともあったと思いますが、家族と過ごしたかったのが一番みたいですね。

パリにいればバー以外のモデル業とかユニセフの活動などしやすそうですから!

イケメン画像、集めてみました!!

画像出典元:すべてcamille-lacourt.fr

ユニセフのPR写真。
いい笑顔!

イタリアのジュエリーブランド「STROILI ORO」のイメージモデル

そんな顔で結婚してくれとか言われたら…
かぶせ気味にOuiと返すよ!

イタリアの下着メーカー「YAMAMAY」のイメージモデル

スイマーはやっぱり下着モデル!

下着より短髪&鋭い目つきが超セクシーです。

もースイマーやらなくてもモデルでやっていけますね。

ほら、ブルーアイズに吸い込まれそう…

スポンサーリンク




まとめ

スポーツ選手は選手生活は人生の中で一部ですよね。

ゴルフとか乗馬のように長く続けられるものもありますけど。

水泳をやめた後のことをしっかり考えて準備していたイケメンスイマーが今回の世界水泳で有終の美が飾れるかどうか。

わくわくしながら応援したいと思います!

競技結果

7月30日に行われた男子50m背泳ぎ。

レース直前、スタートの合図を待つラクール選手。

鼻栓もしっかり着用しております。


FINA.org

右腕&背中のタトゥーが鬼気迫った感じを倍増させます。

スタート!


FINA.org

結果は

24.35でラクール選手優勝!!

この笑顔!ガッツポーズ!素敵!


FINA.org

おめでとうざいます!!

レース後のインタビュー

“I am very happy. I have trained to be competitive in this event so I am glad it worked.”

“I have lived with a lot of emotion being on the podium for the last time of my career. All the difficult moments came back to my head. All the people that have supported me. Hearing to the “Marseillese” (French anthem) was extremely emotion. I had decided this would be the last one well before the Rio games. This was my personal move.”

“I am going to miss the adrenaline the most. These very tense moment in the call room, when the level goes up. But I won’t miss training at all.”

“I am going to remember how I have been able to stand after falling many times. I have come back and improved and this is going to serve me so much in my life.”

“Budapest 2017 was very well organised, like all World Championships. But what was amazing here was the crowd. It was definitely one of the best competitions of my career.”

“I have opened a restaurant in Paris, 6eme arrondissement, and I am doing coaching in companies. These are things I really enjoy doing now.”

FINA.org

一応ふじめぐ訳

この日のために練習を積んできたので、結果がでてとても嬉しい。

選手生活の最後に表彰台にあがったとき、いろんな思いが押し寄せてきたよ。

苦しかった時期や、応援してくれた人たちのことを思った。

国歌を耳にした時はすごく感動したね。

個人的にはリオオリンピックよりずっと前に終わりだと考えていたけどね。

招集所で待つ間の緊張が高まっていく瞬間がなくなると思うと寂しくなったね。

トレーニングは全然しなくても平気だけど。

いくつもの挫折を経験した後、どうやって立ち上がってきたかを忘れずにこれからの自分の糧にしようと思っているよ。

今回の大会は、他のすべての世界大会同様、とても上手く運営されていて、とくに観客が良かった。

僕のキャリアの中では間違いなく最高の大会の一つだね。

これからはパリに開いたレストランと企業でのコーチングを楽しみながらやっていくつもりだよ。

訳がいまいちですが、とても充実した大会だったこと、今後のプランもしっかり持っていて、スイマーで得た経験を活かしていこうという前向きな気持ちが感じられるインタビューでした。

2位が古賀淳也選手というのが日本人的にはちょっと残念でしたが、ラクール選手の活躍を見られて満足です!

ラクール選手おめでとうございました。

今後もいっぱいカッコいい姿を見せてくださいね!!

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280