アマゾンプライムの新サービス「Prime Reading」で電子書籍生活開始。約900タイトルが無料で読める!

かねてより、ところどころでAmazonプライムを話題にしていました。

年会費3900円のプライム会員になれば、送料無料になったり、映画やドラマが見られたり。

子ども向け動画コンテンツも豊富なのでとても重宝しているのです。

そのAmazonプライム会員向け新サービスが昨日からスタート。

今度はなに???

※ 本文中の年会費、視聴可能作品に関する情報は2017年10月現在のものです。

スポンサーリンク





年会費3900円、アマゾンプライムのこれまでのサービス。

Amazonプライムについてブログでもたまに紹介しています。

最近は以前よりネットで買い物をすること自体が減りましたので、送料無料やお急ぎ便などは便利ですが使っていません。

利用しているのはもっぱらプライムビデオプライムミュージック

ビデオもミュージックも新作旧作織り交ぜて楽しんでおります。

特にプライムビデオにはお世話になってます。

なんてったって私の癒やしである連ドラ視聴が出来るサービスですから!

年会費3900円(税込)でいろんな連ドラが見られるなんてパラダイスです。

月額にしたら325円ですよ!!安すぎます!

現在視聴中なのはグレイズアナトミー

シーズン1は2005年に始まりましたから、かなりの長寿ドラマです。

アマゾンではシーズン12(有料)まで配信しています。

現在シーズン9まで見ました。

まぁかなりゴタゴタした職場でびっくりしますが、面白いです。

たまに主人公のメレディスが鬱陶しくなるので好き嫌いがはっきり分かれるとおもいます。

最近追加されたて気になっているのはこちら。

私結婚できないんじゃなくて、しないんです

こちら、母と姉が面白いとハマっていたドラマ。

私は全然見ていませんでした。

そして母も最初から最後まできちんと見ていなさそう。

なので今度誘って鑑賞しようと思っています。

ダメな私に恋してください

これはもうディーン・フジオカを鑑賞したいだけです。

深キョンも確実にかわいいと思うのですが、おディーン様を拝みたいときにいいなと。

眼鏡もにあってますなー・・・このポスターだけでかなり幸せになれます。

日本のドラマはTBS系ばかりです。

でもTBSは面白いドラマが多いので、見始めたら忙しくなると思います!

その他子ども向けコンテンツも充実。

しまじろうやはなかっぱ、ディズニーなど子どもが好きなアニメがいっぱいあります。

短いお話や1時間超のものなど、いろいろあるのでいいですね。

うちはそろそろ3歳なので、お話の内容もある程度理解するようになり、「お涙ちょうだい」シーンではもれなく泣いています笑

プライムミュージックに関しては、洋楽の充実度がすごいのですが、ドリカムが追加されたりと邦楽も徐々に充実してきています。

オースティンマホーンとか、気になるけど買うほどじゃないなぁという曲も気軽に気分転換に最適です。

プレイリストは「読書のときに聞く音楽」など、気分に合わせた曲が

Amazonプライムの新サービス「Prime Reading」読み放題とは?

さて、本題の新サービスについて。

サービスに関するお知らせは、10月5日11:17にメールで届きました。

タイトル:
Amazonプライム 新特典のお知らせ – Prime Reading 読み放題

本文:
Amazonプライム会員の新しいサービスとして、Prime Readingが追加されました。 Kindle本、マンガ、雑誌、Amazonでしか読めない限定タイトルも追加料金なしで読み放題、さまざまなデバイスでご利用いただけます。プライム会員のお客様はPrime Readingを今すぐご利用可能です。詳細はPrime Readingページから。

あら、すでにリリース済?!

しかも電子書籍サービス!

きたーーーーー!!

以前、書籍の読み放題サービスを検討していましたが、その後バタバタしてしまい、どこにも入っていませんでした。

子ども用に買ったKindleもあまり活用できていないし、これを機にガンガン使いたい。

ということで、早速ラインナップを確認!

トップページでおすすめされているタイトルはコミックが多いですね。

マンガは近頃全然読みませんが、近頃マンガ→ドラマ化となることが多々ありますので、気になったのは読んでみようかな。

その他、どんなカテゴリーでどのくらいの本が読めるのか見てみます。

カテゴリー 冊数
小説・評論 100
ビジネス・経済 112
趣味・暮らし 89
絵本・児童書 25
コミック 192
雑誌 111
洋書 198
その他 121
948

アメリカ発祥だけに、洋書数がダントツですね。

といっても”Lonly Planet”というガイドブックがずらっと並んでいますので、内容としては薄いのかもしれませんが。

私が気になってた電子書籍で読める雑誌。

プライムリーディングで読めるのはこちら。

◆文芸春秋

◆Ray

◆Men’s EX

◆DOS/V

◆AERA

◆東京カレンダー

◆DIME

◆Casa BRUTUS

◆山と渓谷

◆ku:nel

◆OZmagazine

などなど。

うーん、希望の雑誌はなし。

Casa BRUTUSは写真がきれいだし好きなので読もうかなと思いますが、そのほかはピンときませんでした。

残念。

絵本も少しですがラインナップに入っていました。

なっとうぼうや

おとうふちゃん

など、気になるタイトルが多いです。

電子書籍の絵本ってどうなのかわかりませんが、試しに読んでみたいと思います。

その他、「趣味・暮らし」のカテゴリーにあった子育て関連やミニマリスト関連の本のなかで読んでみたいな思うものがありました。

電子書籍の入門としては十分楽しめそうです。

まとめ

本を読む機会が減って久しいです。

子どもの荷物が優先で、自分が読みたい本は「軽量化」によって除外されていました。

いまやスマホ(私の場合ipod)で本が読める時代です!

これを機にプライムで読書習慣を身に着けて、子どもに本を楽しむ親の姿を見せられたらなぁと思います。

って、スマホやってるとしか思われないかも?

年会費3900円で楽しみつくそうと思います!

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280