実母との同居開始から1年。同居で感じるストレスを減らし、うまくやるコツは結局なに?

実母との同居を始めてそろそろ1年。

ストレスだらけで実母が嫌いだと思ってしまう日々から、若干楽になった気がします。

変わったのは、気持ちの持ちよう?

それとも?

スポンサーリンク





少しずつ、でも確実に変わってきたき。まるで筋トレ。

以前はストレスがすごかった気がします。

私が実母を気にしすぎて、離れたところで大きな音が聞こえたりすると

「また何かやったか?!機嫌を損ねたか?!オロオロ\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

と思ったりしました。

いまもちょっとはしますが、だいぶ減りました。

そう、自分の考え方をちょっとずつ変えてみたのです。

変えてみた考え方はこちら。

納得できない相手の主張、その一部分でも受け入れる

何度かの衝突を繰り返しましたが、結局のところ

「相手を認める」

が一番効果的だったと感じています。

例え納得できないことがあっても、一部分だけでも「ここは(相手の)言うとおりだと思う」というのです。

一部でも相手を認めると、相手の気持ちが落ち着くものだと実感しました。

そして、衝突している事に対して、

「(相手の)いうとおりだと思ったから、こうしてみる」

など、対応策を提示するとなお良いです。

提示した策を講じた報告も必要。

これは効果がありました。

一部でも認めるって難しいかもしれませんが、本当に効果的です。

日常生活でやってもらっていることに大きなリアクションをする

洗濯や掃除、食事の支度、かなり実母に頼っていることが多いです。

専業主婦だと「家事が評価されない」と不満に思う方もいらっしゃいます。

そうなんです、家事はお金が発生したいので、なかなか評価されにくい。

いつも掃除していたら、綺麗なのが当たり前になりますし、毎日洗濯する家庭では、洗濯物は溜まっていないのが当たり前。

外注にしたら高額になる家事ですが、家のなかで誰かがやればゼロ円。

でもそれは誰かの働きあっての結果です。

平日は実母に家事全般を頼ってしまっています。

なので、食事が用意されていれば「おいしそう!」とか、洗濯物が畳んであったら「ありがとう」など、毎日いうようにしています。

そしていう時は務めて明るく。

私は小言を言われることでストレスが溜まりますから、小言を言われないためにハッキリと言葉にするようにしています。

意見を求められたら何か答える

どう思うか聞かれたとき「なんでもいい」はいけません。

なんでもいいから、自分の意見をひねり出すのです。

実際どっちだっていいわ。っていう事も聞かれることがあります。

でも、意見を求められたら「こっちがいい」と一つ選んだりします。

聞いた方は結構重要に思っていたりするので、ここは自分の意見、好みを出していいと思います。

「えーでもこっちが・・・」みたいな反応なら、「そうだねー、それもいいと思う」と同調しましょう。

面倒だと思っても、一番面倒にならない方法かと思われます。

でも、「何が食べたい?」っていう質問の答えって、結構難しいですよねー…

スポンサーリンク




複数回指摘されたことは、習慣化につとめる

朝夫より早くおきて食事を用意してあげるのが、母の普通です。

ので、それを私たち夫婦にも求めてきました。

いや、妻のあり方(母基準)を求められたので、該当するのは私だけですね。

なので、同居前は夫の方が先に起きていましたが、今では私が一番に起きています。

これは習慣化されたので、目覚ましが鳴る前に目が覚めるようになりました。

この他、ゴミだしや出がけにバタバタしないなど、色々な項目についてハードルを設定されています。

これに対して、保育園のノートを寝る前に書くなど、時間のかかることに関しては自分の中でルールを作って実践するようにしました。

1年経って、ようやくですが、なんとなく設定されたハードルを飛べるようになってきていると実感しています。

してあげた、よりしてもらったを大切に

自分だけが大変と思っていると、やっぱりストレスです。

私は働いているので、やっぱりやってもらっていることが多いです。

そのことを忘れずに、母のやってほしいことは快く引き受けようと努めています。

してあげることも多々ありますが、「してもらった」方が大切だと思うようにしています。

平日の家事や保育園のお迎えなど、やってもらえるとこちらは楽です。

そのやってもらえていることを忘れずに、有り難いと思う事が大事。

イライラしても、やってもらっていることを思えば「仕方ない」と思えることも。

仕方ないと思うことは、自分の中で処理する傾向にあるから大丈夫なのかもしれません。

まとめ

昔からよく聞いた言葉は

相手を変えることを考えるな。自分を変えろ

というようなこと。

そうなんです、誰かを変えたいと思ってもその人にその気がないと無理なはなし。

指導者の立場にあるような人で、生徒の気持ちを変えるとかはまだしも、社会人で、しかも親となったらかなりハードルあがります。

そんな時は自分の気持ちを変えるしかないです。

最初はイライラすることばかりですが、最終的に自分が気持ちよく過ごせるなら頑張れます。

といってもそれぞれの家庭には、それぞれの事情がありますから

「こっちが変わっても無理」

と思う事もあるはず。

でも一度は試してみるのもいいと思います。

それでだめなら諦める。

諦めたらまた違った見方が出来るかもしれません。

とにかく出来ることをやるのが一番ですね。

スポンサーリンク
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280